D1

garupan

concept

人気アニメ『ガールズ&パンツァー』とのタイアップも2年目を迎えたPACIFIC RACING TEAM。
2016年の車両デザインは『ガルパン』公式痛車も手掛けるFEEL designに依頼し、
D1グランプリエントリー車両のうち、唯一の〝痛レーシングカー″で参戦を行っています。
ドライバーは昨年度と同じく、テクニックとライン取りに定評のある村山悌啓選手を継続起用。
2015年シーズンではシルビアS14勢の中で最高順位を獲得いたしました。
レースクイーンの衣装を身にまとった『ガルパン』人気キャラクターの限定グッズが手に入る個人スポンサーコースも随時募集を行っています。

チーム詳細は特設サイトへ

nac

concept

日本人初のワークスドリフトドライバーとして知られる『のむけん』こと野村選手の起用も2016年シーズンで3年目に突入いたしました。
今年も、代名詞ともなりつつあるスカイラインER34型を大幅にパワーアップさせ、表彰台奪還を狙います。
カラーリングは、車両の整備にも携わるNAC(中日本自動車短期大学)のレッドと、タイヤ供給を行っているDUNLOPのイエロー、両社のイメージカラーを強く打ち出した、躍動感あふれるデザインになっています。

チーム詳細は特設サイトへ